恵 比 寿

海・漁業の神様、商売繁盛の神様、台所の神様

商売繁盛の神様として、右手に釣り竿左手に鯛を抱えた姿が親しまれています。その顔は「エビス顔」と例えられるように、笑顔を湛えた尊顔です。 七福神の中では唯一の日本伝来の神様で、もともとは航海と漁業の神と言われていました。
旧暦の正月と10月20日に行われた「恵比寿講」では商家などで鯛や酒を振舞い祝宴を開いたといわれます。


釣り竿、鯛

大漁になりますように
料理が上手になりますように


より大きな地図で お湯掛け七福神 を表示